↑私のオンボロの車でも5万円で引き取ってもらえました↑

気になる廃車の仕訳について徹底解析!

 

皆さんは、廃車に関する仕訳をご存知ですか?
仕訳とは、複式簿記で発生した取り引きを、
賃借勘定科目に分類することを言います。
幅広いことに使われています。
ここでは、廃車に関する仕訳について説明します。

 

 

廃車時にかかる費用は、車種や廃車する業者によって異なります。
ですから、ここで説明している仕訳は、
あくまで参考程度にとどめておいて下さいね。

 

 

 

まず、以下の場合で廃車をした場合。
・車両の帳簿価額 10万円
・処理手数料 1万円
・リサイクル処理費 5千円(該当差入保証金5千円)

 

 

●借方
固定資産除却損 10万円
支払手数料 1万5千円

 

 

●貸方
車両運搬具 10万円
現金 1万円
差入保証金 5千円

 

 

上記が、例に挙げた廃車の仕訳例になります。
車を廃車すると、
まず当該車の帳簿価額だけ「固定資産除却損」が発生することになります。
というのも、リサイクル処理費は車を購入したときに支払っていますから、
差入保証金で取崩処理することになるからです。

 

 

また、車両関係費科目で車両費用を集計している場合は、
「支払手数料」を車両関係費として仕訳します。

ボロボロの車でもお金を払って廃車にする必要なし!

カーネクストなら

  • レッカー代無料
  • 廃車手続き無料
  • 解体費用無料

0円以上の買取保証がついているので、車を処分するのに一切お金はかかりません。

>>とりあえずカーネクストに無料査定を依頼してみる


まだ乗れる車ならユーカーパックが最も高額買取が期待できます!


ユーカーパックを使ったことで私の車は34万円も高く売ることができました。

たくさんの買取業者によるしつこい営業電話もないので、楽に車を高く売ることができるので、おすすめです。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる