廃車の手続きについて記事一覧

 

車を廃車にしたときには、余分に払った自動車税の一部を返してもらうことができます。例えば、8月に廃車にした場合、4月〜8月分の自動車税を払う必要はありますが、残りの9月〜翌年3月分の自動車税は支払う必要がありません。でも、自動車税は年間をまとめて支払ってしまうので、後から9月〜翌年3月分の自動車税を返してもらうことができるのです。車を廃車にしたときに、抹消登録をするかと思いますが、それと同時に還付の...

 
 

車を廃車にするタイミングは人によって異なります。完全に動かなくなってしまった場合や修理できないほど壊れてしまったときには廃車にするしかありませんが、それ以外のタイミングでも廃車にするケースはあります。たいていの場合は以下のようなタイミングで、廃車を検討する人が多いです。故障して修理代が高くつくとき走行距離が10万km以上、10年以上乗った車修理歴がついてしまうほど損傷した事故車ガソリン代や自動車税...

 
 

車に乗っている人の多くは任意保険に入っていると思います。廃車にするなら任意保険の解約を忘れないようにしたいところです。それではいつ任意保険を解約すればいいのか?というと車を廃車にする日に解約をすればいいでしょう。任意保険はあくまで任意なので、任意保険に入っていなくて公道を走っても罰せられることはありません。正直な話、いつ解約しても大丈夫です。ただ万が一のことを考え、廃車にする日まで任意保険に入って...

 
 

車検証は本来携帯必須のものですが、廃車にするときにも必要なものです。別に車検証がなくても廃車にできそうな感じがしますが、必要な書類の一つになっています。万が一車検証を紛失してしまった場合には、1.車検証再発行を行う2.理由書を作成する2.現在登録証明書の発行を行るこの3つの手続きのうちどれかを行う必要があります。これらの手続きは陸運支局によっても対応が変わることがあるので、まずは陸運支局に問い合わ...

 
 

使えなくなってしまった車は、廃車にするしかありません。最近は、0円で廃車手続きをしてくれるショップや、ウェブで簡単に廃車ができるところがたくさんあります。廃車の手続きも、とても簡単で便利になりましたね。なかには、廃車になってしまった車を、買い取ってくれるところもあります。廃車は、一見使いものにならない車ですが、なかには使えるパーツが残っている場合があります。使えるパーツがある場合は、高値で買い取っ...

 
 

廃車は、車を分解し、利用できるものとそうでないものに分ける作業です。最近は、高値で廃車をしてくれるところもあり、廃車オークションといった場所もあります。では、ナンバープレートはどうなるのでしょうか?ナンバープレートは、車を所持している者の証のようなもの。運転をする以上、ナンバープレートはとても大切です。そのため、ナンバープレートなしで公道を走ることはできません。ただ、公道を走るのは違法でも、ナンバ...

 
 

廃車をしたいけれど、「廃車ってどんなふうに手続きすれば良い?」という方も多いのでは?廃車はしょっちゅうするものではありませんから、分からない方が多くても仕方ありません。廃車は、すぐにできるわけではありません。それまでの手続きが必要で、手続きをしないことには廃車をすることは不可能でしょう。また、もし手続きなしに廃車をすると、自動車税の納付書が届くことになります。廃車にした車の税金を支払うのは困ります...

 
 

廃車をする時に必要になる「リサイクル券」大事に保管をしていなければいけませんが、うっかり紛失してしまった・・・という方もいるでしょう。リサイクル券をなくしてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?リサイクル券は、リサイクル預託金を支払っているかいないかで、対処法が違ってきます。預託金を支払い済みの場合は、リサイクル券を紛失してしまっても処理してもらえます。では、預託金を支払っていない場...

 
 

車やバイクは、廃車をしても再登録できるのは知っていますか?廃車には、大きく3つの方法があり、その中で廃車を再登録できるのは「一時抹消登録」です。永久抹消登録は解体後に運輸支局や解体届けを提出することになりますから、再登録することはできません。ですので、廃車を再登録できるのは、いったん抹消登録をした車のみ。また、再登録といっても新規登録になりますから、新規検査は不要になります。もちろん、再登録には書...

 
 

廃車には、2つの方法があります。1つは、「永久抹消」2つは、「一時抹消」です。永久抹消は、言葉のとおり完全に抹消しますから、復活させることはできません。でも、一時抹消は、一時的な抹消であるため、廃車を復活させることができます。復活した廃車は、当然今までどおり公道を走ることも可能。もちろん、そのためにはさまざまな手続きを踏む必要がありますが、廃車をしても復活できるのは嬉しいですね。さて、廃車を復活さ...

 
 

廃車とは、乗れなくなった車や、不要になった車を廃棄することを言います。廃車といっても、方法は2つあります。完全に車を処分する場合は、永久抹消の手続きをし、一時的に廃車にする場合は、再度その車を利用することができます。そのため、一時抹消登録をした車は、永久抹消登録とは異なり、完全に処分されることはありません。簡単に廃車について説明しましたが、では、本題に入ります。未納税の車は、廃車にすることはできる...

 
 

廃車の手続きをするときに必要になる「名義変更」また、廃車前に行う手続きもありますので、廃車を検討中の方は、事前にきちんと処理しおきましょう。特に税金などは、手続きを行わないと、毎年納付書が送られてきます。そして、支払わなければ「未納」となりますので、廃車前にきちんと処理しなければいけません。名義変更も同様で、廃車前に名義変更の手続きが必要になります。特に、ローンで車を購入している方は、名義が所有者...

 
 

廃車手続きは、一般的に「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類あります。これらは、完全に車を廃車にする場合と、一時的に廃車手続きをする方法です。では、「輸出抹消登録」とは、どんな手続きなのでしょうか?これは、“船積み予定の車”を廃車するときに行う手続きのことを言います。平成17年7月1日に施行され、大型特殊自動車や被牽引車以外利用することができます。手続きを行うと、運輸局から「輸出抹消仮登録証明...

 
 

廃車手続きには、さまざまな書類を用意しなければいけません。そのなかのひとつに「印鑑証明書」というものがあります。印鑑証明書とは、済んでいる市区町村役場で登録を行った印影の証明書のこと。大切な手続きのときや、申請のときは必ず用意しなければいけません。「実印」であることを証明する書類といって良いでしょう。一般的に車では、購入時と手放すときに印鑑証明書が必要になります。ただし、有効期間が決まっています。...

 
 

廃車にした車も、再登録をすれば公道を走ることができます。ただし、廃車にもいくつか方法がありますから、その方法によっては再登録は不可能です。廃車には、2つの方法があります。◎永久抹消登録◎一時抹消登録このうち、再登録ができるのは《一時抹消登録》になります。一時抹消登録は、”一時的に廃車にする”ため、完全処分になりません。一方で永久抹消登録は解体しますから、もう一度同じ車を乗ることはできなくなります。...

 
 

車の場合、廃車で代理人に手続きをしてもらうことができます。では、原付の場合はどうでしょう?結論から言いますと、原付の廃車も代理人に手続きをしてもらことができます。代理人が手続きをしますから、当然「委任状」は用意しなければいけません。ただし、原付の場合は排気量によって手続きの方法や必要書類が異なります。原付は一般的に125cc以下になりますから、「標識交付証明書」を用意しましょう。万が一書類がない場...

 
 

どんな手続きでもそうですが、事前確認をすることでスムーズに手続きを終えることができます。廃車は、永久抹消と一時抹消と2つの手続き方法がありますから、どちらの手続きを行うのはきちんと確認しておきましょう。また、各手続きは必要書類が異なりますので、こちらの確認もお忘れなく!永久抹消も一時抹消も、手続きはお店または自身で行うことができます。はじめての方は、お店に依頼をしたほうが安心ですね。何度か廃車をし...

 
 

バイクの廃車は、排気量によって手続きの方法が異なります。ですから、まず自分のバイクがどれくらいの排気量なのかを確認しましょう。一般的な原付バイクは、125cc以下のバイクになります。正しくは50cc〜125cc以下。このタイプのバイクは、他のバイクよりも手続きが簡単です。2つの廃車手続きがあり、1つは「スクラップ」、2つは「一時的に使用をストップ」する手続きです。125cc以上のバイクの場合は、・...

 
 

車の廃車といっても、普通自動車と軽自動車とでは手続きが異なります。軽自動車の廃車を検討中の方は、軽自動車の正しい廃車方法を知っておきましょう。まず、軽自動車の廃車は以下の3つの方法で進めていきます。1つは、解体です。いわゆる永久抹消する場合ですね。2つは廃車手続きに必要な書類について。3つは軽自動車検査協会で、廃車手続きを行う場合です。廃車には永久抹消と一時抹消がありますが、一時抹消登録をする場合...

 
 

廃車には、2種類の登録方法があります。はじめて車を廃車される方のために、これら2つの廃車登録について説明しましょう。まず、廃車には完全に廃車にする登録と、一時的に廃車にする登録の2つの方法があります。それぞれの登録は、用意する書類も手順も異なります。一時的な廃車は、再度新規登録をすれば乗ることができます。ということは、乗り換えを機に乗っていた車を廃車・・・という場合もあるというわけです。大半は中古...