↑私のオンボロの車でも5万円で引き取ってもらえました↑

廃車時に委任状が必要になる場合の理由

廃車には、さまざまな手続きが必要になります。

 

そのなかのひとつに、「委任状」があります。

 

委任状とは、本来行う車の所有者・使用者以外の者が、
代理で申請を行うときに必要になる書類です。

 

要するに、本来申請を行う当事者が、直接申請できないときに、
代わりの人が手続きをするときに用意するもの。

 

 

この委任状には、いくつかの種類があります。

 

用途によって委任状が異なりますので、
きちんと確認して委任状を用意しましょう。

 

ちなみに、軽自動車の場合、
委任状ではなく「申請依頼書」という用紙を使用します。

 

 

 

委任状は、以下の欄に必要事項を記入します。

 

◎受任者
住所・氏名・代理人の証明・自動車登録番号(車台番号)

 

◎委任者
住所・氏名

 

 

受任者の住所・氏名の下には、”上記の者を代理人と定め、
下記自動車の「抹消登録」〜”と記入します。

 

自動車登録番号は、車検証に記載されていますから、確認しましょう。

 

 

 

委任状は、廃車をする会社が用意してくれますが、
自身でダウンロードすることもできます。

 

詳しい書き方の例など、
廃車専門店などに記載していますから確認してみると良いでしょう。

ボロボロの車でもお金を払って廃車にする必要なし!

カーネクストなら

  • レッカー代無料
  • 廃車手続き無料
  • 解体費用無料

0円以上の買取保証がついているので、車を処分するのに一切お金はかかりません。

>>とりあえずカーネクストに無料査定を依頼してみる


まだ乗れる車ならユーカーパックが最も高額買取が期待できます!


ユーカーパックを使ったことで私の車は34万円も高く売ることができました。

たくさんの買取業者によるしつこい営業電話もないので、楽に車を高く売ることができるので、おすすめです。

>>とりあえずユーカーパックで無料査定を依頼してみる